交通事故によるむち打ち

このような不調はゆめまち整骨院鍼灸院へお任せください!

むちうち図

  • 事故の後、いつまでも身体のだるさが治らない
  • 病院では薬で様子をみようとの見解だった身体がずっと辛くて不安
  • 交通事故直後は何ともなかったのに数日後に痛みが出てきた
  • 交通事故にあってから、耳鳴りやめまい、頭痛がする
  • 不調を感じるけど、どうすればいいのか分からない

むちうちとは、首の骨の周りにある筋肉や靭帯・軟部組織に損傷を受けた状態のことです。
一般的に「頚部捻挫」と言われています。頸部挫傷とは、頚椎の周囲の筋肉が損傷を受けている状態です。首の痛み、首まわりの筋肉の凝りだけではなく、腕のだるさや指の痺れなどの状態にあいます。

むちうちの不調とは?

事故直後は興奮状態であることが多いので痛みなど自覚なく、頭がぼーっとした・少し痛いだけという人もいますが、日がたつにつれて圧迫感、緊張感、頭痛、肩こり、脱力感、しびれやめまいなどを訴える人がいます。

むちうちの影響で受ける首痛、めまい、肩痛、手指のしびれ等で、その原因の多くは、靱帯、筋肉などの軟部組織が急激に引き伸ばされたことによる小内出血をともなった捻挫ともいえます。また、手指のしびれは、手指の動きを支配している末梢知覚神経に異常があって生じるもので頚部筋肉や靭帯、関節包の損傷が原因で、頭痛や首の痛みが中心となります。

事故直後と、その後に変化がある場合、
軽い状態であっても
事故後速やかに病院でレントゲンを撮りましょう。

事故

病院でむちうちと診断されたという方へ

むちうちは湿布や投薬では治らない損傷です。交通事故で、むちうちと言われたら、頚椎の調整や筋肉を整える施術を行うことができる整骨院での施術が必要です。

筋力をアップすることや柔軟な体作りが、早期改善の近道です。頚椎捻挫が原因で、首や肩の筋肉が著しく低下してしまうこともあります。

むちうちには施術だけでなく、筋力をつけるリハビリやしなやかな身体作りを促し、良い筋肉づくりが早期改善の近道となります。

しっかりと体の調節とリハビリを行うことで早期回復を目指しましょう!

ゆめまち整骨院鍼灸院のむちうちの施術方法

施術風景交通事故の施術は、手技、鍼灸、鎮痛効果の高い特殊施術器(立体動態波)で施術しています。手技が使えないと判断したり、状態によっては鍼を使うこともあります。

急性の状態では、まず刺激を少なくするために軽めの手技を施したり、炎症を落ち着けるために鎮痛を促す特殊器をあてていきます。

日常生活が送れる状態になるまで、自宅での療養と機器での体調調整を続けていきます。

その後、状態が安定してきたら、姿勢矯正、骨盤矯正で骨格を整え、事故前の身体に戻していきます。

整骨院での交通事故施術にも自賠責、任意保険が使用できます

眠れない、頭痛、痺れ等の状態が続いている場合、不安だと思います。

交通事故後の回復は最低3ヶ月、長いと半年くらいかかると言われていますので、回復までは忍耐が必要です。ただ、長い通院で心配な費用の面に関しては整骨院でも自賠責、任意保険が適応されるので施術費無料で受けられます。
また、交通事故の怪我には精神的なケアも肝心です。
ゆめまち整骨院鍼灸院は15年の施術実績の中で、様々な臨床事例をみております。経験豊富なスタッフがお一人お一人に応じた施術を行っています。

当院では通いやすさも重視しております!お仕事帰りにも通院できるように、事故の施術の方は21時まで受付(要予約)しております。

ご不明な点がございましたらお気軽にご相談下さい!